代表のメッセージ

呉哲煥より

CRファクトリーが生まれた背景

私は高校時代に「生きる意味がわからない」ことで悩んでいた時期がありました。
経済的にも物質的にもある程度恵まれていて、高校にも通えているのに、なんとも満たされきれない空虚感や無気力さを抱えていて、人生に前向きになれていませんでした。

一方、社会に目を向けてみても、自殺者が年間3万人を超え、うつが急激に増加し、児童虐待のニュースが番組に踊り、日本社会には大きな問題がありそうだなぁと感じていました。


信念、ビジョンやゴール

そのような中で大学に進んだとき、私は運命的に「コミュニティ」に出逢ったのです。
そのコミュニティ(サークル)は、とても「人を受け入れる雰囲気」があり、「価値観の似た仲間」がいて、「お互いのことを語り合う」ことが自然とできていて、いつの間にか私にとって「大きな居場所」になっていました。

活動にのめりこみ、のめりこむからますます仲間との絆が強くなり、ますます居場所になっていき、それは「私の人生」を支えてくれるだけでなく、「生きることへの肯定感」「未来への希望」をもたらしてくれました。

いつの間には高校時代に感じていた空虚感や無気力さ、「生きる意味がわからない」という状態から脱却していて、あのときの大きな人生の問いに明確な答えが出ていました。

それは「人には居場所と仲間が必要だ」「人を幸福にするのは居場所と仲間だ」というものです。

CRファクトリーはこの信念によってつくられています。
具体的には、NPO・市民活動・サークルのマネジメント支援をしているのですが、ビジョンやゴールは「すべての人が「居場所」と「仲間」を持って心豊かに生きる」社会の実現です。


コミュニティの価値が高まる未来に向けて

いま日本社会には自殺者3万人、うつ病100万人、児童虐待相談件数6万件、孤独死3万人など、コミュニティ(居場所と仲間)の崩壊による社会課題が噴出しています。
2030年の未来予測では、ますますこの傾向は強まっていきそうです。
逆に言えば、これからの未来には「コミュニティ」の価値が高まっていくとも言えるでしょう。

自分たちの力で社会を良くしていくことはできる。
CRファクトリーで一緒に活動して社会を良くするプロジェクトに参加してください。
そしてCRファクトリーで一緒に活動することを通して「居場所」と「仲間」を得てほしいです。

みなさんとお逢いできることを心よりお待ちしております。
呉哲煥

NPO法人 CRファクトリー

代表/呉 哲煥(ご てつあき)


2005年 NPO法人CRファクトリーを設立し、代表理事に就任。
「すべての人が居場所と仲間を持って心豊かに生きる社会の実現」をビジョンに、社会貢献性の高い事業経営を展開。

「非営利組織のマネジメントセミナー」「コミュニティリーダーズカフェ」「コミュニティマネジメントゼミ」「コミュニティリーダーズフォーラム」「コミュニティ運営相談会」など、会・サークル・市民活動・NPOの運営者向けのサービスを多数提供。NPO法人ETIC「社会起業塾」コーディネーター、「ソーシャルベンチャースタートアップマーケット」コーディネーターを務める。

【趣味】野球観戦、温泉、登山・ハイキング、語らい、仕事
【好きなアーティスト】Mr.Children、BUMP OF CHICKEN
【人生で大事にしていること】受け入れること、自分一人でもやる勇気・覚悟



go_interview パラレルキャリア支援サイト「もんじゅ」でも特集されました。

CRファクトリーの使命や思いなども詳しく載せられています。

»変えるヒト、変わるヒト。
 新しい社会貢献のカタチ 第21回


〒110−0016 東京都台東区台東3-16-3 清水ビル401
 Copyright (C) CRFactory All Rights Reserved.