【続々と発表!フェロー紹介】コミュニティ・エンパワメント・ラボ

相互研鑽・共成長プログラム「コミュニティ・エンパワメント・ラボ」には、
“フェロー”と呼ばれるNPO業界のトップランナーとして活躍している方々が、
ラボメンバーの成長・変化を後押ししてくれる存在がいます。

フェローのみなさんには、社会課題に対する想いやリーダーとしてのあり方やメンタリティについてお話いただき、双方向に対話を重ねていきます!
(その他、フェローを講師に迎えて、ラボメンバー限定の勉強会なども実施します!)

ラボメンバー同士で磨き合う“ヨコのつながり”に加えて、
先輩の“タテのつながり”からも刺激を受けて、さらに一歩成長するプログラムになっています!
「コミュニティ・エンパワメント・ラボ」のお申込みは8月上旬を予定しています!
ご興味のある方はぜひご参加ください!

>「コミュニティ・エンパワメント・ラボ」の詳細はこちら

<コミュニティ・エンパワメント・ラボ フェロー紹介 ※順不同>


□NPO法人コモンビート 理事長 安達亮氏(写真左上)

1981年生まれ。東京都出身。明治大学法学部法律学科卒。
大学卒業後、そのまま就職することに違和感を抱き、2004年、地球一周の船旅「ピースボート」に乗船。
船内企画だったミュージカルプログラムにキャストとして参加。
2004年からNPO法人コモンビートの運営に参画、2005年より事務局長に就任。
ミュージカル運営、NPO運営、ボランタリースタッフマネジメントを仕事にすること13年。
2014年1月より理事長に就任し「個性が響きあう社会」の実現に向けて活動する日々。
その傍らで非営利組織マネジメント関連の講演・セミナー登壇を行うほか、
2014年9月よりNPO法人日本ブラインドサッカー協会の理事も務める。


□NPO法人マドレボニータ 代表理事 吉岡マコ氏
(写真右上)

1996年東京大学文学部卒業後、同大学院で運動生理学を学ぶ。
1998年自らの出産を機に、産前・産後に特化したヘルスケアプログラムを開発。
以来、研究・実践を重ねる。2008年NPO法人マドレボニータを設立。指導者の養成・認定制度を整備し、現在20人のインストラクターが全国約50か所で産後ケア教室を展開。
現場をもつNPOとして『産後白書』の出版など調査・研究にも尽力。
2011年マドレ基金をたちあげ、ひとり親、多胎児の母、障害児の母など、社会的に孤立しがちな母親たちへの支援に着手。
2015年Googleインパクトチャレンジグランプリ(WomenWill賞)受賞、2014年日経ソーシャルイニシアチブアワード国内部門賞受賞。
近著『みんなに必要な 新しい仕事』(小学館)『産前・産後のからだ革命』(KADOKAWA)


□NPO法人チャリティーサンタ 代表理事 清輔夏輝氏
(写真左下)

1984 年生まれ、福岡県出身。
国立有明高専建築学科卒後、独学で IT 業界へ。
株式会社サイバーエージェントを経て、2014 年より現職。
18 歳からはじめた一人旅、特にヒッチハイク(移動距離は日本 3 周以上)は人生観を一変させ、IT フリーランス中にチャリティーサンタ、環境活動や旅イベント等の様々なプロジェクトを立ち上げる。
「世代を超えた恩送り」を人生のスローガンに、チャリティーサンタを文化にするべく奮闘中。
チャリティーサンタは、2008年に発足し、「サンタのような人を育てること」をスローガンに、2014 年 NPO 法人化。子どもたちに笑顔を届けるため、様々な活動を展開中。
(誰でもサンタになれる「サポタクロース制度」等)
全国 23 支部で活動中(2015 年時点)
監修本である「サンタクロースが届けてくれた心温まる物語」は、発売1ヶ月で3万部を超えるヒットとなり、大手書店からコンビニ等にも並び、増刷を続けている。


□日本財団CANPANプロジェクト 代表 山田泰久氏
(写真右下)
一般財団法人非営利組織評価センター業務執行理事
イシス編集学校師範代

群馬県高崎市出身、慶應義塾大学文学部卒(フランス文学専攻)。1996年日本財団に入会。2014年4月、日本財団からNPO法人CANPANセンターに転籍出向。
日本財団とCANPANセンターが合同で実施する、市民、NPO、企業などの活動を支援し、連携を促進することで、民間主体のより豊かな社会づくりに貢献することを目指すソーシャルプロジェクト「日本財団CANPANプロジェクト」の企画責任者。
主に、NPO×情報発信、ソーシャルメディア、オンライン寄付、助成金、IT・Web、ノウハウ、ネットワーク、出身地などの文脈でセミナー開催、セミナー講師、プロジェクト、情報発信などを行っている。

>「コミュニティ・エンパワメント・ラボ」の詳細はこちら

シェアする

フォローする