スタッフ紹介

CRファクトリーに関わるスタッフの一部をご紹介します。



学生編

杉原 なな子東洋大学 経営学部 経営学科2年生

所属チーム:マーケティングチーム・人財チーム

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

海外研修に行って感じた『仲間の大切さ』『生きているという実感』をもっと自分も感じたい・社会にもっと広めたい、『多様な人とのつながり』を作りたい。そんな活動している団体はないかと感じていたときに知人の紹介でCRファクトリーを知り、興味を持ちました。説明会でも、代表の呉さんのバックグラウンド・設立動機を聞いて共感できる部分が多く、純粋にこの人と一緒に仕事をしてみたい・ここで頑張ってみたいと感じたため、CRファクトリーに応募しました。

仕事内容

【マーケティングチーム】
CRファクトリーのノウハウを社会に発信するイベントを企画・運営します。イベントの参加者が社会を動かしていく人材となり、次のステップへ進むことができるイベントを目指しています。


【人財チーム】
コアスタッフを中心に、CRファクトリーに関わるメンバーが今後も楽しく・団体への愛着をもって活動していけるような社内イベントの開催を主に行っています。

CRファクトリーで得られるもの

・他者目線の思考が身につく。
イベントやセミナーに関して、自分が「伝えたい」「やりたい」だけではなく、団体として「メリット」「成果物」があるかどうか、参加者にとって「参加する意義がある」「参加後に変化を起こせるか」どうかをすべて考慮しながらの企画設計なので、骨が折れますが、やりきった自分に対する自信・過程の中で磨かれる様々なスキルとともに確実に自分の中に蓄積されていると感じます。
・責任感を持てるようになる。
任された業務の進捗を報告し最後までやり抜くことが、責任を持つことだと学びました。業務をこなしていく中で、着実にこういった意識を持つことができるようになっていると感じます。

CRファクトリーで挑戦したいこと

もっと他の団体とのつながりを持つ。
せっかくCRファクトリーはたくさんの団体とつながりを持っているので、私も積極的に様々な団体の方と交流し、刺激を受けようと思います。

花澤 瑞希大正大学 人間学部 人間科学科 2年生

所属チーム:マーケティングチーム・人財チーム

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

大学やバイトの活動しかやっていなかった現在の自分では、あまりにも社会経験がなさ過ぎると感じ、ボランティアをはじめたいと思ったからです。 そのため、初めはボランティア活動ができるところならどこでもいいと思っていたのですが、CRファクトリーの愛着の持てるコミュニティを増やしたいという理念を聞いて、ここなら自己成長と共に居心地のいい居場所を作ることができると思ったのがきっかけです。

仕事内容

【マーケティングチーム】
CRファクトリーでは、より良い団体を育成するために必要な知識などを外部に発信するためのセミナー・イベントを企画・運営しています。ほとんどのセミナー・イベントは講師の方々が運営していますが、学生スタッフにも自分のやりたいことと顧客のニーズとを天秤にかけ、組織をよりよくするためのセミナー内容を考える機会がもらえます。その際には集客や告知文なども自分たちで行わなければいけないので、積極性が求められます。


【人財チーム】
外部でなく、内部のメンバーのモチベーションを上げるチームです。 他のどのチームよりもコミュニケーションを取ることに貪欲になり、チームワークの重要さを自覚してなければなりません。私は壁打ちという業務を担当していました。壁 打ちとは、現在自分が抱えている業務やプライベートな悩みについて1対1で語り合い、悩みを文章化することで頭と思考の整理がついたり、意見をもらえる制度です。また、関わりの薄い人同士が語り合うことで親密になったりと、チームに愛着を持ってもらうための活動の1つです。

CRファクトリーで得られるもの

居心地のよい居場所と、失敗しても決して見放されることはないという安心感です。なのでCRファクトリーでは失敗を恐れず、積極的に活動をすることができます。

CRファクトリーで挑戦したいこと

チームの活動をもっと活発にしたい、そのためにもメンバーがやる気のあるチームにしたいという欲求はどこのチーム代表も持っているものだと思います。ですが、『じゃあそのために何をすればいいのか』がわからず、悩みを抱えたままという人も多いのではないでしょうか。そんな組織での悩みを抱えている方々に、CRの存在を知ってもらいたいです。そのためにもCRファクトリーの一員として、他の外部イベントに赴き、名刺を交換しつつ、いろんな世代の方からお話を伺ってみたいです。

小池 隆太法政大学 キャリアデザイン学部 キャリアデザイン学科 3年生

所属チーム:リサーチチーム・マーケティングチーム

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

NPOでインターンをしている友人と話したことがきっかけです。自分が行っている活動ややりがいを、生き生きと話す友人の姿を見てNPOの「活動」や「インターン」に興味を持ちました。それからたまた友人からCRファクトリーでインターン生を募集をしていると聞き応募しました。 また新しい本気で活動できるコミュニティに所属したいと思ったのもきっかけです。

仕事内容

【リサーチチーム】
文献調査やマクロデータなどを調査をすることで「コミュニティの重要性」や「人と組織のマネジメント」についての知見を増やしています。その知見を多くの人に知ってもらうために成果報告会も開いています。


【マーケティングチーム】
CRファクトリーが行っている事業や商品をどうやって多くの人に行き渡るかの戦略を考えています。また個人でプロジェクトをもって企画設計をしイベントの企画・運営をしています。

CRファクトリーで得られるもの

人と組織のマネジメントスキル
コミュニティについての知識
たくさんの人との出会い
一緒に頑張っていきたいと思える仲間

CRファクトリーで挑戦したいこと

CRファクトリーに入りスタッフと活動をしていく中で、改めて「居場所」や「仲間」な ど『コミュニティの重要性』を感じました。CRファクトリーで活動をしていると仲間と切磋琢磨しながらいろんな感情を共有します。一緒に笑ったり、泣いた りします。それがものすごく楽しいし、やる気やモチベーションにつながります。このように「居場所」や「仲間」がいるコミュニティに所属することが個人に 様々な良い影響を及ぼします。このことを多くに人に知ってもらったり、感じてもらえるようなイベントの開催や知見提供をしていきたいです。

松木 峻成蹊大学 法学部 法律学科 3年生

所属チーム:マーケティングチーム・人財チーム

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

大学では2年間、部活動にのめり込んでいました。しかし、元々好奇心が強い性格なので、一生に一度の大学生活、様々な特別で刺激的な経験がしたいと常に考えていました。部活動を通して居場所の大切さを実感していたので、CRファクトリーの「コミュニティ」を媒体とした活動・理念に惹かれたのがきっかけです。説明会に参加したときの、CRらしいあたたかさが決め手でした。

仕事内容

【人財チーム】
人財チームでは、主にCRファクトリー内の社内イベントや団体に愛着を持ってもらうための施策を業務としておこなっています。僕は採用プロジェクトを担当しています。
採用業務では、インターンスタッフを採用するために、説明会の集客やメールでの申し込み者対応、面談などをやっています。採用の担当であるだけに、説明会の申し込みが入ったときはとてもわくわくしますね。


【マーケティングチーム】
自らイベントを企画し、自社や外部のイベントに参加することで、顧客とコミュニケーションを取り、最終的にCRファクトリーの会員(団体のファン)を増やすことを目的に活動しています。また、イベントでは、告知文章の作成・集客を経て当日のイベント運営まで行います。初めてのイベント企画で苦労もたくさんありますが、ディレクターや他のインターンスタッフのフォローもあり、安心してイベントに取り組むことができます。

CRファクトリーで得られるもの

対話の積み重ねによる自己理解と相互理解です。CRファクトリーは日常的に対話をとても大切にしています。多くのスタッフと交流し対話を重ねることで、普通の大学生活では得られない多様な気づきがあります。CRは、自分を見つめ直すことができる居場所なんです。

CRファクトリーで挑戦したいこと

CRファクトリーのみんなが愛着の持てる居場所でいられるように、自分だからできることを常にやっていきたいです。 そうしたなかで得られるコミュニティの実感と、ここで学べる知見の蓄積を、顧客に発信できるスタッフになります。

河原 朱里明治大学 商学部 商学科 3年生

所属チーム:マーケティングチーム・リサーチチーム

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

・CRファクトリーへの参画以前の経験から、人とのつながりの力、魅力を強く感じていました。そのため、CRファクトリーの“すべての人にあたたかいコミュニティを”という理念に共感したとともに、自分自身もより多くの人との出会いを求めていました。
・何かにのめりこむ中で自分の好きな事、得意なこと、苦手なことを知ることができると考えました。

仕事内容

【マーケティングチーム】
CRファクトリーの考える“あたたかいコミュニティ”を増やすために、より多くの、より長期的な顧客との関係性を目指し、イベントの企画や運営をしています。


【リサーチチーム】
「なぜ、社会や個人にとってコミュニティは必要なのか?」 「よりあたたかいコミュニティをつくるためになにができるのか?」 これらの問いに対して、より説得力を持って答えることができるよう、文献やインタビューによる調査を行っています。

CRファクトリーで得られるもの

自分を知ることができます。 CRファクトリーでの活動の中には、イベント企画・運営やインタビュー調査など、初めての経験をする機会が数多くあります。 加えてCRファクトリーの仲間たちは、人のいいところを積極的に褒め、矯めるべき点にはアドバイスをくれる人たちです。 そういった環境のもとでのインターンは、自分の知らなかった一面を知る、自分を深く見つめる時間となります。

CRファクトリーで挑戦したいこと

CRファクトリーが社会にもたらすものがより価値のあるものになるために、顧客のニーズを把握していきたいです。そのために必要な、顧客とのより深く活発な接点を、私が先陣に立ち、仲間たちとともに模索していこうと考えています。

南條 光哉芝浦工業大学 工学部 電子工学科 3年生

所属チーム:リサーチチーム・人財チーム

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

大学関係や高校以前の友人くらいとしか交遊がなく、物足りなさを感じていました。友人といると居心地は良かったのですが、その分どこか似た者同士だったので、多様な人たちのいるコミュニティに属してみたいと考えるようになりました。似たようなタイプ以外へのコミュニケーションスキルの低さを何とかしたかったという側面もあります。そんなときたまたまCRファクトリーを知り、「あたたかいコミュニティ」というフレーズに惹かれて申し込みました。

仕事内容

【人財チーム】
人財チームでは、主に社内イベントの運営・進行を行います。僕はスタッフギャザリングというイベントを担当しました。スタッフギャザリングでは、インターン活動を振り返るためにスライドを作成してプレゼンしたり、懇親会を行ったりします。


【リサーチチーム】
「コミュニティを持つことは有益である」という仮定を持ち、文献やインタビューなどを通してコミュニティを持つことによる様々な効果を調査します。調査の後には、パワーポイントで作成し、社内外でプレゼンしたり、調査内容を冊子にまとめたりします。リサーチチームの調査内容を見た人々がコミュニティの良さを知り、コミュニティに積極的に入るようになるという流れを作ることが大きな目標です。

CRファクトリーで得られるもの

多様な人々と関わることで様々な気づきが得られます。僕が得たものは少し特殊で、ネガティブ思考をポジティブ思考に傾けることが出来ました。 また、CRファクトリーでは表面上でない自分の内心を語れる機会が多くあります。これにより、居心地の良い関係性を築くことができます。他には、報連相がどういうものかをPCメールのやり取りなどの実践の中で修得できる。仕事において大切な主体性とは何か実感かできる。社会人と対話できる機会を多く設けられる。などがあります。

CRファクトリーで挑戦したいこと

リサーチチームで行う、団体運営者に対するインタビュー調査は、緊張しやすい僕にとっては挑戦であり、成長の機会でもあります。 また、チームマネージャーを務めたいです。マネジメントする側に立つ経験はなかったので苦労はするかもしれませんが、こちらも大きな挑戦と成長の機会になると思います。

楊 智敏筑波大学大学院 人文社会科学研究科 2年生

所属チーム:リサーチチーム

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

視野を広げたいのが主な理由です。今まで、私は主に同じ学校の学生、友たちとの付き合いが多かったので、もっと多くの人と出会いたく、多様な考え方を接触できたら、きっといい経験になると思い、CRファクトリーに入りました。 「良いコミュニティとは何か」、そして「メンバーが一緒に成長できるあたたかいコミュニティの実現には何が必要なのか」というような疑問を解いたいのも、一つの理由です。

仕事内容

【リサーチチーム】
仕事内容は主に「文献調査」とNPO・コミュニティ団体への「事例調査」です。 「文献調査」では、現在、関連文献の拝読が主な仕事内容ですが、読んだ文献や記事などを自分なりにまとめ、色んな形で世の中に発信できるのが、大きなやりがいにつながります。文章のまとめ方と情報収集の能力を身につけます。 「事例調査」は、主に、実際に第一線で活動している団体へ足を運び、ヒヤリング調査をする仕事です。  今年度の「事例調査」がまだこれからですが、交渉力とコミュニケーション能力を身につける仕事になると思います。

CRファクトリーで得られるもの

(1)コミュニティに関する知識、コミュニティマネジメントのノウハウ
(2)多様な価値観を持っている方と出会うことにより、視野が広げる
メンバー同士、お互いの考えを共有するのはもちろんですが、その他、外部との接点も比較的に多いため、良い刺激になれます。
(3)社会人になっても活かすことのできるスキルを身につきます
例えば、分かりやすく相手に伝える能力です。リサーチチームの例を挙げていくと、社内外で調査結果を共有するためにレポートを書いたり、プレゼンをしたりする機会が多いので、自分の考えを整理し、みんなの前で、分かりやすく伝えることが求められています。活動しているうちに、自分自身の成長を感じることができます。

CRファクトリーで挑戦したいこと

CRファクトリーが蓄積したコミュニティマネジメントのノウハウを、より多くの方に届けたいです。 現在、世の中に、コミュニテイがたくさん存在するにもかかわらず、孤独死やうつなどの社会問題が相変わらず顕著化しつつあります。コミュニテイを作るだけではなく、良いコミュニテイを目指すことこそ、社会問題の解決につながるでしょう。そのような良いコミュニテイを実現するためのCRファクトリーのコミュニティマネジメントのノウハウをみんなと一緒に発見したいです。

松本 拓也埼玉大学教養学部3年生

所属チーム:マーケティングチーム

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

大学の授業でNPOの活動について学ぶ授業を履修して、自分もNPOの活動をやってみたいという思いからCRファクトリーに応募しました。また、大学生になった時からインターンシップを探していたのですが、一年生を受け入れている団体が少なく、自分にあったインターンシップ先がありませんでした。そんな時にたまたまCRファクトリーを見つけたのが、この団体に入ったきっかけです。

仕事内容

【マーケティングチーム】
CRファクトリーのマーケティングのための社外イベントを企画・運営しています。 イベント開催の目的決め、参加者ターゲットの設定、イベント内容をゼロから企画しています。 企画書が通ったら、イベントの告知・集客戦略の作成・実行、ゲストへの参加依頼、当日の運営等々どれもやりがいがある仕事です。

CRファクトリーで得られるもの

普通の大学生活では得られない経験と学びです。 CRファクトリーでは、単純な雑用や事務仕事をやることはあまりありません。 常に自分の頭で考え、工夫することをチームマネージャーが手助けしてくれるので、一人の人間としてとても成長できます。
CRファクトリーで学んだことは他の大学生活や社会人になってからも通用することばかりです。 仕事をしていく上で基本となる、MTGの円滑な進め方や企画を考える時の視点等も学ぶことができます。 また、私はメールのやりとりが得意ではなかったのですが、仕事を進める上でメールの返信に慣れてきたことも、大きな成長だと思います。
他にも、CRファクトリーでは年に数回スタッフスキル学習会があり「ITツール(グーグルドライブなど)の有効な使い方」や「他者目線の身につけ方」等を学ぶこともできました。
社会人一年目の人が経験するであろうことの多くを学生時代に経験することが出来るのは、CRファクトリーで仕事をすることの大きな報酬だと思います。

CRファクトリーで挑戦したいこと

私は今、マーケティングチームと人財チームの両方でイベントの運営をしています。
イベントの運営は、企画立ち上げ段階とイベント開催当日に仕事量が増えて苦労することも多いですが、イベントが終了したあとの達成感、参加者から高評価を頂いた時の喜びは他では経験できないものです。 参加者により満足してもらえるイベントを作り上げていきたいです。
また、CRファクトリーでは自分の意見が言える雰囲気と環境があるので、積極的に色々な提案をしていきたいです。

川口 遥平埼玉大学教養学部4年

所属チーム:リサーチチーム・マーケティングチーム

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

CRファクトリーのことは、同じく学生スタッフとして関わっている松本君から聞いて知りました。僕はもともとコミュニティに興味があって、それもコミュニティを中でまわすことよりも、外から支えてあげるにはどういったことをすればいいかということを常に考えていました。そんなときコミュニティの中間支援をやっているCRファクトリーのことを知り、とてもその理念やビジョンに共感しました。そこでやるしかないと思い、思いきって応募しました。

仕事内容

【マーケティングチーム】
現在、直営コミュニティの設立に関わっています。イベントを企画することはとてもエネルギーを使うので、大変ですがその分やりがいも非常に大きいです。ただ個人のやりたいことに団体が合わせてくれるのがこのCRファクトリーの特徴です。よってやらされているという感覚は全くないです。

【リサーチチーム】
文献調査やマクロデータ調査、成功事例調査を行っています。僕はもともとコミュニティに興味があったので、コミュニティ分野への知見を高めることができるということは、非常に有意義だと感じています。

CRファクトリーで得られるもの

CRファクトリーで得られるものはたくさんあります。それはイベント立案の仕方や、組織マネジメントなど実務的なことはもちろんのこと、一番大きいのはやっぱりヒューマンな人間成長力だと思います。CRファクトリーは学生スタッフの成長も一番よく考えてくれていて、個人の成長に寄り添った仕事を任せてくれます。また目標設定や成長振り返りシートによって、自分自身の成長もとてもよく感じることができます。CRファクトリーで学んだ人間力、コミュニケーション能力、生きていく姿勢は生涯絶対役に立ちます。またなんといってもCRファクトリーという温かく居心地のいいコミュニティを得られたということが一番であるかもしれません。

CRファクトリーで挑戦したいこと

CRファクトリーでは自分が今までやってこなかったことにどんどん挑戦していきたいと思います。CRファクトリーでは様々なNPO法人やそれらを取り巻く多くの人との関わりがあります。よって自分が知らなかった世界、自分が今までやってこなかったことに挑戦するチャンスが多くあります。それらのチャンスを一つ一つつかんで、自分自身をより成長させていきたいと思います。




社会人編

斉藤 竜大人材会社勤務

所属チーム:リサーチチーム

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

私は、「人と人のつながり」や「居場所」づくりを通して、一人一人が幸せに生きることのできる地域社会を創りたいと考えていました。ただ、大学院を卒業して就職することで自分のやりたい事ができるのか疑問を感じており、大学外の世界や人に触れることで将来の選択肢の幅を広げたいと思い、参画しました。

仕事内容

【ソーシャルプロモーションムービープロジェクト】
CRファクトリーが目指す社会へ近づけるために、コミュニティや人とのつながりの大切さに共感してもらえるようなソーシャルプロモーションムービーの制作を行っています。

CRファクトリーで得られるもの

スキル面では、ミーティングのファシリテーションスキルやタスク管理能力、スタッフマネジメント力などが身に付くと思います。
また、私にとって一番の報酬は、「コミュニティ」をテーマに働く社会人との出会いです。社外のコミュニティ運営者も社内のプロボノスタッフも、彼らの生き方や考え方に触れられることが何よりの刺激となります。

CRファクトリーで挑戦したいこと

もっと社会に認知され社会的影響力をもっていくために、新しく良質なコミュニティを生み出していく、また生み出すための土壌づくりを積極的に行う必要があります。 リサーチチームのマネージャーとして、リサーチ活動や勉強会開催を通して得た知識・問題意識をもとに、コミュニティの大切さを社会に伝える事業に挑戦したいです。

外山 志穂教育コンサルティング会社勤務

所属チーム:ソリューションチーム

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

高校時代から学校でも家でもないコミュニティに所属し、充実した時間を過ごしてきました。 多くの人にこのようなコミュニティの存在を知ってもらえたら、そんな想いで参加しています。

仕事内容

【人財チーム】
学生メンバーの研修イベント(学生ギャザリング)の企画運営、育成制度の設計、採用活動など

CRファクトリーで得られるもの

同じ理念、想いをもった仲間と何かを作り上げる経験や自分自身の成長、何かに役立てる喜びが活動を通して得られていると実感しています。

CRファクトリーで挑戦したいこと

・メンバーがそれぞれ楽しく、充実感をもって活動できる基盤をかためること
・CRファクトリーの人財育成や仕組みを、他のコミュニティのモデルとしてつくりあげていくこと

石崎 理花大手都市銀行勤務

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

目標もなく何となく大学生活を送っていたため、就職活動に大きな不安を感じており、大学時代に「これを一生懸命に頑張った!」と自信を持って言える経験をしたいと思い、参加しています。

仕事内容

【マーケティングチーム】
コミュニティマネジメントセミナーやコミュニティフォーラムなどの企画・運営を行っています。 また、Jimdoセミナーでは、プロジェクトマネージャーを務めています。 また、ブログの閲覧数やコミュ助の販売数を上げるための戦略などを考えています。

CRファクトリーで得られるもの

様々な職業・年齢の方と出会う機会が豊富にあり、視野が広がります。イベントのプロジェクトリーダーなど、学生であっても成長できる場を提供してくれることも大きな魅力です。そして大切な仲間・居場所が得られます。

CRファクトリーで挑戦したいこと

私自身がCRファクトリーで活動してコミュニティの温かさを、身をもって感じました。多くの人にコミュニティの良さを知ってもらいたいです。まずは、多くの人にコミュニティについて知ってもらうためのイベントを企画することに挑戦したいです。



今井 美咲人材会社勤務

所属チーム:リサーチチーム・マーケティングチーム

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

楽しい大学生活を送ってはいたものの、私の属していたコミュニティは小さく、物足りなさを感じていました。自分から何か行動を起こさないと自分のコミュニティを広げることはできないと感じ、イベント運営ができる団体はないか探していたところCRファクトリーを見つけ参画しました。

仕事内容

【マーケティングチーム】
主にイベントの企画・運営に携わっています。「コミュニティ」のに対する考え方の啓蒙やコミュニティを通じた人と人との繋がりに貢献できればいいなと思います。

【人財チーム】
社内報の作成や団体内イベントの企画・運営に携わり、CRファクトリーのメンバーに団体に愛着をもってもらうための環境や仕組み作りを行っています。

CRファクトリーで得られるもの

・自分のことを考える機会
スタッフギャザリングやチーム内の振り返りでは自分は何がしたいのかなどを考える機会が与えられます。自分のことを真剣に考えてくれる仲間がいるので自分を深く知ることができます。
・多くの素晴らしい出会い
CRファクトリーでは、共に目標に向かって頑張れる仲間との出会いがあります。また、様々な分野で活躍している社会人の方々との出会いが得られ、知見を広げることができます。

CRファクトリーで挑戦したいこと

みんなが輝ける、笑っていられる社会を実現するためにはコミュニティが不可欠だと考えます。 私はCRファクトリーで居場所や仲間を得たことでそのことを強く実感しました。 自身の体験をより多くの人に伝え、みんなが「仲間」や「居場所」を得たいと思って活動するような仕組みを作りたいと思っています。

竹下 諒広告会社勤務

所属チーム:リサーチチーム、人財チーム

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

・「人と人との繋がりを大切にしなさい」という高校時代の先生の言葉が、何故か強く耳に残っていた。
・就活を終え、社会人生活を控える今、自分の足りない所を少しでも補いたかった。
今までも、新たな世界へ飛び込むことで、新たな発見や経験を得てきました。 コミュニティを考え、発信していく団体で、様々な方々と関わっていくことで、成長につながると考えています。

仕事内容

【リサーチチーム】
コミュニティという広い分野から、世の中の様々な事例を収集しています。ニュースから素材を集めることや、運営が成功している団体から秘訣やスタッフの思いをヒアリングし、その要因を分析することも有ります。私たちが、様々な事例から分析した結果を発信していくことで、団体内の知見を高めたり、外部の方への質の高い情報提供を目指しています。

【人財チーム】
CRへの関わり方は、コア・サポーター・ファンと様々な度合いが有ります。その中のどの対象においても、団体への愛着を持って接してもらえるような環境づくりを目指しています。例えば、イベントを企画・運営することはもちろん、スタッフ個々人が仕事をしやすいような人事制度を確立するなど、団体全体のモチベーション維持や環境の整備に奔走しています。

CRファクトリーで得られるもの

お互いの魅力を認め合える仲間・切磋琢磨し成長し合える仲間

CRファクトリーで挑戦したいこと

現在、2つのチームに所属していますが、本来の枠に留まらず様々なチームや外部の方と積極的に関わっていきたい思っています。

石橋 正行精密機器メーカー勤務

所属チーム:監事

CRファクトリーに入った理由・きっかけ

NPO法人創立準備期の2004年から関わっています。代表の呉とは、「DCT交流勉強会」にて知り合いました。(私は2001年12月から参加し参加回数は110回を超えます。)

仕事内容

NPO法人として業務が適正に行われているかを監査し、問題があれば改善を指導する役目。特に会計監査の業務は重要です。

CRファクトリーで得られるもの

全く利害関係のない人たちとの出会い、共同で何かをなしとげる喜び。
家族や会社以外の人たちと、世代を超えて親しくお話ができる貴重な機会です。

CRファクトリーで挑戦したいこと

CRファクトリーとその運営する活動が、心地よいコミュニティーであり続けること。それを通じて、人材育成を行なうこと。