講師紹介

阿部 剛 | 豊田 有希 | 高橋 葉子宮本 諭 | 杉山 絢子 | 田形 勇輔 | 間藤 大輔 |
松村 大地 | 足立 さとみ

阿部 剛(あべ つよし)

東京理科大学理工学部建築学科卒。2017年CRファクトリーに参画。高校生の時、父親の事故により生活が180度変わる経験をしたことから、生きづらさを抱えて生きる人たちに関心を持ち、学生時代から子どもや若者が社会で自立するための支援活動に携わる。大学卒業後はNPOを支援するコーディネーターとして職能を磨き、その後は文部科学省のモデル事業を始め、行政との協働を多数経験する。現在は千葉県松戸市で官設民営の中間支援施設でセンター長を担っている他、民間の学童を運営するなど、ローカルな現場と中間支援の立場を往復しながら活動中。

豊田 有希(とよだ ゆき)

青山大学経営学部経営学科卒。一般社団法人風土人代表理事。一部上場企業に約20年勤務、会社員として働きながら山梨県身延町で「田んぼできずなづくり」という都市農村活動事業を2010年にスタート。 企業や行政を巻き込んだ活動で、過疎地域と都市住民の両方を元気にしている。また「食」を通したコミュニティ「きずな食堂」や「ゆるナイ」などのコミュニティを仲間と立ち上げる。得意なことは「場」づくり。

高橋 葉子(たかはし ようこ)

出産して初めて地域とのつながりが無いことに気づき「孤育て」のしんどさを経験する。その後よき出会いとサポートを得たことから「産前・産後からの地域や仲間とのつながりづくり」に関心を持ち、乳幼児親子の居場所と仲間づくりや、産後女性のエンパワメントの活動を始める。その過程で任意団体およびNPO法人の設立、事業・組織運営に取り組み、100名規模のボランティアコミュニティ運営を10年間担当。CRファクトリーの「強くあたたかい組織・コミュニティづくり」に共感し、2019年より事務局および認定インストラクターとして参画。

宮本 諭(みやもと さとし)

30代の会社員時代に大学院に通い、NPOの組織運営やコミュニティデザインを学んだことがきっかけとなり、その後15年近くにわたって、コレクティブハウジング(住まいづくり)とコミュニティビジネス(地域の仕事づくり)に関わっている。「住まいづくり」や「地域の仕事づくり」を自ら実践する中で、人と人とが主体的につながり、共に活動することで暮らしや関わる人々の人生がより豊かになっていくこと実感し、その仕組みづくりとその支援を中心として活動しています。NPO法人コレクティブハウジング社代表理事、NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター認定コーディネーターとしてして活動。

杉山 絢子(すぎやま じゅんこ)

一般社団法人 CAN net 代表理事、腫瘍内科医師。医師として働く中、病院の中だけではできないことに課題を感じ、もう一つの社会活動として2013年非営利一般社団法人CAN netを立ち上げ。北海道の旭川、札幌、帯広、東京の4都市で様々な専門職や病気の経験者がボランタリーにプロジェクトを行うコミュニティを運営。人がイキイキとして組織も成果を出せるようなコミュニティを増やすため、北海道で強くあたたかい組織をふやす実行委員会の活動もしている。

田形 勇輔(たがた ゆうすけ)

Brillia City横浜磯子自治会長・横浜BBQ協会上級BBQインストラクター。
大きな肉を塊のまま焼く本格的なBBQスタイルを地域に導入したことがきっかけで、30代で3000人の街の自治会長に就任。夏祭りで多くの住民ボランティアが楽しく汗を流す姿をヒントに、独自のタウンマネジメント手法「自治会レボリューション」を考案。役員の担い手不足に悩む自治会・町内会が多い中で、アクティブに活動を楽しむ役員が増加中。ITツールを導入してコロナ禍でも活発な活動を継続するなど、新しい時代にふさわしい自治会・町内会の姿を開拓している。

間藤 大輔(まとう だいすけ)

理学療法士。小学校PTA会長。ペイシェントサロン協会役員。
立教大学経済学部経営学科、国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院を経て、回復期リハビリテーション病院にて勤務。3児の父で、子どもが産まれるたびに育児休業を取得。3度目の育児休業中に、アフロヘアにて過ごしたことがきっかけでPTAに関わるようになり、小学校PTA会長歴6年目。また、患者協働の医療の実現を目指し、患者と医療従事者が対話を通じて共に学びあうペイシェントサロン協会にも参画。市民・地域活動としては、越谷市保健衛生審議会委員、社会福祉審議会委員を拝命。医療・健康・地域・子どもを中心としたコミュニティに関わり続けている。

松村 大地(まつむら だいち)

特定非営利活動法人まつどNPO協議会。一般社団法人まつど地域共生プロジェクト理事長。
理学療法士として都内の病院に就職。その後訪問・通所リハを従事していく中で、「果たして自分や家族は笑って最期を迎えることができるのだろうか」という問題意識を持ったことから、地元である松戸市を拠点に活動を始める。 2017年一般社団法人まつど地域共生プロジェクト立ち上げに参画。現在理事長に着任し、まつど暮らしの保健室を運営し、多世代の居場所を創出している。2018年よりNPO法人まつどNPO協議会のコーディネーターとしても多機関協働事業のファシリテーターの経験を重ね、現在まつど市民活動サポートセンター・生活支援コーディネーターとして、テーマ型・地縁型の中間支援を担っている。

足立 さとみ(あだち さとみ)

NPO法人リスニングママ・プロジェクト代表理事
京都工芸繊維大学大学院応用生物学専攻。一部上場企業で研究員として約15年勤務しながら、組織づくりの学びを深める。2013年に自身の育休体験から、家から出なくても子育て中の母親が自分のことを話せるオンラインのコミュニティの立ち上げに関わり、2017年にNPO法人化。代表理事となる。人から受容してもらえる体験が、人と人の関係性を育て、共感的につながっていくことを体感し、人と人の繋がりと、温かいコミュニティが個人のパフォーマンスをあげ、幸福感とともに生きていける社会への近道と考え、活動を続けている。

セミナー/研修のお申込みはこちらから

 お問い合わせフォーム