【出張レポート】「どうする?Withコロナ時代のNPO!〜オンライン化の進め方とリアルな場のつくり方〜」


こんにちは、CRファクトリー代表の呉です。
12月13日(日)にみやぎNPOプラザで開催された「みやぎNPOフォーラム2020」に登壇いたしました。
講演テーマは「どうする?Withコロナ時代のNPO!〜オンライン化の進め方とリアルな場のつくり方〜」。そのタイトル通りに、コロナ状況下におけるNPO・市民活動が、どうやってオンライン化を進めていけばいいのか?どうやってリアルな場をつくっていけばいいのか?それをみなさんと一緒に考えるフォーラムとなりました。

リアル会場とオンラインZoomでの同時開催。リアル会場には20名を超える方々が、そしてオンラインZoomには30名を超える方々が参加しましたが、オンライン参加の方に高齢・年輩の方が多いのが印象的でした。



「高齢・年輩の方のIT・オンライン活用が難しい」とずっとずっと言われてきましたが、既にかなりのレベルでZoomを使ってミーティングをされていたり、その具体的事例やノウハウを語り合う参加者のみなさんの姿がそこにはありました。少しずつ少しずつNPO・市民活動・地域活動の中でオンライン活用が始まっているのではないかと希望を感じました。


新型コロナウイルスの影響で、市民活動や地域活動が止まってしまったり、縮小してしまったところも少なくありません。そのことは逆に「人が集まることの大切さ」「交流やつながりがコミュニケーションの大切さ」「雑談やおしゃべりや会話の大切さ」を浮き彫りにしたと思います。

「コミュニケーション」や「会話」や「交流」を体内の血液に例えると、今は血液が体内を流れにくくなっていたり、止まってしまっていたりします。これは人間にとって社会にとってとてもまずい状態です。苦手でもオンラインを駆使して、誰かとコミュニケーションを取る。感染対策をしながらリアルな場をつくって会話や交流をする。そんなことをあきらめずに工夫しながらやっていく姿勢がとにかく大切だと思います。

不要不急のように見えて、実は中長期的には深刻なダメージをくらっています。「コミュニケーション」や「会話」や「交流」を止めない、「つながり」を感じられる工夫・取り組みが今こそ人間にとって社会にとって必要なのだと思うのです。

たくさんご参加いただいたみやぎのみなさま、ありがとうございました。
そして見事なまでに質の高い「リアル」と「オンライン」の同時開催を実現されたみやぎNPOプラザのスタッフのみなさま、本当にお疲れさまでした。

出張セミナー・研修に関するお問い合わせ

CRファクトリーでは、NPO、地域の市民活動、サークルのリーダー向けの出張セミナーおよびセミナーのカスタマイズも取り扱っております。オンラインでの開催もぜひご相談ください。
詳しくは問合せフォームよりお問合せください。


▶︎これまでのセミナー・研修・講演の実績はこちら

 お問い合わせフォーム

シェアする

フォローする