【講師レポート】すぎなみ協働プラザ開催「新たな仲間をふやす巻き込む力」

<講座概要>
日時:2019年7月25日(木)18時~20時
場所:すぎなみ協働プラザ 交流コーナー
講師:北本若葉(CRファクトリー・コミュニティマネジメント認定インストラクター)
参加人数:18名
主催:すぎなみ協働プラザ

杉並の市民参加や協働を推進しながら、地域の課題を解決するための活動をつなぐ拠点となっている、すぎなみ協働プラザにおいて「新たな仲間をふやす 巻き込む力」というタイトルの講座を開催してきました。

「なかなか活動が盛り上がらない」「うまく人を巻き込めない」そんな悩みを抱えている方向けに、興味を持ってもらう方法や、主体的に関わりながら一緒に団体を作っていく、仲間づくりのポイントを学んでいただくことを目的として、2時間のセミナーでした。

参加者の皆さんは、悩んでいることはみんな一緒だということがわかり、一つ一つの事例に大きくうなずいている方がいらしたのが印象的で、はじめは表情が硬かった人たちも、グループワークを通じてとても雰囲気が良くなり、最後はどのグループもとても盛り上がっていました。

ボランティア組織の運営はそもそも難しく、代表やリーダーになったものの、仲間を増やすことができず、気づくといつも代表だけが頑張っている組織はとても多いものです。

「みんながついてきてくれない・・・」
「私ばかりがんばっている・・・」
そういった状況はワークショップを通じて、自分の団体や組織だけではないとわかり、最初は表情が硬かった受講生の皆さんがいつの間にか笑顔になり、グループシェアでは時間になっても話が尽きず盛り上がっていました。

<参加者の声>
・具体的であり、大変有意義であった。内容は地域の各会長へ事前レクチャーが出来たら素晴らしい効果があると思います。機会がある時に提案してみます。具体的な方法がわかった。
・団体の問題点も分かった。メンバーを上流に巻き込む考えが良かった。理論的にまとまっており、わかりやすかった。組織の問題はうなずきばかりの内容でした。理念を皆で作りあげるのが足りていないことに気付けました。
・皆同じ問題を抱えているを知ることができて、具体的に次に何をすれば良いかヒントを頂けました。ありがとうございました。
・講師のすばらしいコミュニケーションスキルや気負わないリーダー/マネジメントスキルに魅かれました。
・ブレインストーミングを通して可能性がグーンと広がりました。
・「当事者意識」に関しては自分の考えが間違っていなかったと分かり安心しました。
・日頃忘れていたボランティアの基本を改めて見通しができた。分かりやすく楽しかった。
・我流ですが、日頃から地味に心がけていたことが今日の講座の「愛着」の部分に通じることだったことに気づくことができました。
・背中を押して頂いた気分です。ありがとうございました。

講師からの一言

非営利組織やボランティア活動の運営はメンバー間の温度差や多様性などから、大変なことも多いです。一方で関わるメンバーにとっては、普段できない経験ができ、出逢いの場となるなど良い部分もたくさんあります。
それぞれの活動の場が良くなることは、誰にとっても、とても価値あることだと思います。組織のマネジメントにはノウハウとコツがあります。これからも全国にそのノウハウとコツを届け、日本中を「強くあたたかい組織やコミュニティ」であふれさせていきたいと思います。


▶︎これまでのセミナー・研修・講演の実績はこちら

CRファクトリーでは、NPO、地域の市民活動、サークルのリーダー向けの出張セミナーおよびセミナーのカスタマイズも取り扱っております。詳しくは問合せフォームよりお問合せください。

 お問い合わせフォーム

シェアする

フォローする