【研修レポート】オンラインでも共通体験!みんなの「居心地の良さ」を育む/事務局ギャザリング

7月18日(日)に事務局スタッフギャザリング(以下、ギャザリング)を実施しました!

※ギャザリングは、上智大学との共同研究から見えてきた「コミュニティキャピタルの3因子」に基づいてコミュニケーション設計チームが企画・運営しています。

第1回のレポートはこちら

【研修レポート】ビジョンに共感して「この団体で頑張りたい」気持ちを育む/事務局スタッフギャザリング開催!
CRファクトリーでは、コミュニケーション設計チームがあり、強くあたたかい組織をつくるために研修やイベントの企画をしています! 事務局スタッ...

第2回となる今回は、「第3因子 居心地の良さ」をテーマに実施しました!ここで言う「居心地の良さ」は、「メンバーと一緒に活動することが楽しい」「仲間といると落ち着く」と思う感覚のことを指します。「居心地の良さ」を育むために、メンバー同士の相互理解と関係性づくりを目的に企画しました。

絵心つないで以心伝心!オンライン絵しりとり

CRファクトリーでは、活動への思いや自分のことを語り合う文化があるからこそ、敢えて純粋に遊んで楽しい思い出をつくれるようなアクティビティを企画しました。今回は、jamboard(オンラインホワイトボード)を活用して、絵しりとりをやってみました!はじめは絵が苦手なメンバーは不安を感じていましたが(笑)、チームで協力して仲間に伝わるように絵を書き合ったり、印象的な絵を紹介し合ったりと笑いが絶えない時間になりました。

もちろん何を書いたか口にはできません(笑)。ヒントは、真ん中をつまんで回すものです。

握力を鍛えるものではございません(笑)。 ヒントは、ブルース・リーです!

みんなで握ってオンラインでも共通体験!

ランチタイムのお楽しみは『おにぎリレー』!おにぎりの具をリレー形式で事前に送り合い、皆で一緒におにぎりを握って食べる企画です!誰からどんな具が届くか楽しみに待つこと、相手のことを思って具を選んで送ることは、オンライン環境が当たり前になった今、尚更ワクワク感や温かさがありました。そして、画面越しだけど一緒におにぎりを握る共通体験ができたことも、大切な思い出の一つになったんじゃないでしょうか。

メンバーから届いた具を紹介し合う。定番から個性的な具まで様々。

おにぎりいただきまーす!

それぞれの居心地の良さを分かち合う

午後は『居心地の良さを語るタイム』と題して、”私にとってコミュニティでの居心地の良さって何だろう?”を共有し合いました。居心地が良いと感じるポイントは各々で違うので、それぞれの視点の違いを改めて知る機会にもなったと思います。CRファクトリーで居心地の良さを育むアイデアも生まれたので、実践していけると良いですね♪

団体全体だけではなく、一人ひとりの居心地の良さを知るのは新鮮でした!

参加者の感想

「所属するプロジェクトの垣根を超えて交流する貴重な機会でした。今回は「遊び」要素が満載でしたので、笑い合いながら自然と仲間同士の距離がグッと近づいたように思います。「仕方なく、オンライン」ではなく、「オンラインでも、楽しむ」が感じられてワクワクしました。」(スタッフJさん)

「ギャザリング初参加でした!そんな関わりの浅い私でも楽しめたのは手元に残る”自分に向けて送られた具材“と、お互いの深い想いをたっぷり聞き、話す時間があったからだと思います。沢山の笑い・学び・気づきそして胃袋も!おなかいっぱいの居心地の良い時間でした。そして、オンラインだからこそたくさんのメンバーとつながることができた貴重で充実した時間でした。」(スタッフMさん)

企画チームのコメント

あっちゃん
楽しい思い出が分かち合えたことや、それぞれの感じる価値観や気持ちを分かち合えたことは、純粋に心が温まるし、みんなにとっても居心地良い場所になっていくのが嬉しいです。
ともみん
今回のギャザリングではおにぎリレーの連絡担当だったのですが、具材を贈る相手へのホクホクやワクワクした気持ちがあちこちから届いてわたしの心が温まりました。
ふっきー
おにぎリレー、大好きなんです。去年実施してハマってしまって。今年は鮭フレークが届きました(美味しかった!)。遊びも学びも共有し合える仲間と一緒に活動できるのは、私にとってとても居心地が良いです。

シェアする

フォローする