【社内研修レポート】「相互理解」お互いを知るあたたかい時間をたっぷり味わう/事務局スタッフギャザリング

7月10日(日)に「事務局スタッフギャザリング」(以下、ギャザリング)を実施しました!
今年度最初となる今回のギャザリングでは、年度初めにかけてロジックモデルを使ってビジョンを再言語化してきたこと、今年度から新たに事務局スタッフを迎えたことから、団体理解と相互理解を目的として開催しました!
代表から団体の方向性を共有してもらうだけではなく、団体に関わる理由を自分の言葉で語り、仲間と共有すると、今後の活動がより楽しみになりますね。
詳しくは、以下のレポートをご覧ください。


★新型コロナウイルス感染状況を考慮し、リアルとオンラインのハイブリッド形式で実施しました♪

■前半
午前中は、「価値観探求ワーク」。110個の価値観の中から、自分はこれが大切!と思うものを個人ワークで選んだ後、最終的に3個まで絞り込み、その後なぜその3個を選んだのかを小グループで共有しました。
同じ価値観を選んでも、それを大切にしている・大切と思う理由が違ったり、選ばれた価値観のワードがその人の実際の行動に現れていることがあったり、普段の関わりでは見えにくい部分が共有できる時間になりました。
会場参加組は女性グループと男性グループに別れて共有したのですが、男性グループは全員が、『少年ジャンプの主人公みたいな価値観』という話も出ていました!笑

■後半
午後は、自分のこと、団体のことを自分の言葉で語るワーク「自分×団体プレゼン」。私の生い立ち、私の原体験、団体のビジョン・戦略・未来、私と団体の一致点、チャレンジ(この団体でやってみたいこと)の5つのテーマで語りました。
まずは、ひとりでじっくりと考える時間を取り、その後は全員のプレゼンをお互いに聴きあいました。このプレゼンは普段、別々のプロジェクトで活動しているメンバー同士だからこそ、なぜCRファクトリーの活動に関わっているのか、活動を通してどんなことを実現させたいかを知る大切な時間となりました。
また、終わってからメンバーから受け取る手書きのメッセージがあたたかく、最高のエネルギーチャージとなりました☆

★「自分×団体プレゼン」については、『コミュニティマネジメントの教科書』108~115ページで紹介しています。


★みんなで集合写真!

参加メンバーの声

普段関わらないプロジェクトを超えた交流、それも表面的ではない価値観の交換ができたことが印象的でした。今後も定期的に参加したいです!(ながちゃん)

今回入社後すぐの参加でした。相手の人となりがわからないと、仕事を進める際にも誰かに話しかける際にも漠然とした不安感があったりすると思います。今回の参加で、いつの間にか団体内に自分の居場所ができたように感じ、頑張ろうと自然に前向きな気持ちになりました!(なりしゅん)

コミュニケーション設計チームのコメント

午前・午後ともに異なる形でお互いを知ることができ、とても奥深い時間になりました!人っておもしろい!!みんなのことをもっと知りたくなりました♪(ともちん)


今回もみんなが参加しやすいオン・オフ両方で参加できるハイブリット開催を実現しました。お互いを知るあたたかく、貴重な時間となりました!
(ともみん)


今年度もコミュニケーション設計チームをやっています。新メンバーにも直接お会いできて、お互いをより知ることができて、楽しく熱い一日になりました!(ふっきー)


★事務局スタッフギャザリングは、コミュニケーション設計チームが企画・運営しています。

昨年度の社内研修レポートはこちら

【社内研修レポート】ビジョンに共感して「この団体で頑張りたい」気持ちを育む/事務局スタッフギャザリング
CRファクトリーでは、コミュニケーション設計チームがあり、強くあたたかい組織をつくるために研修やイベントの企画をしています! 事務局スタッ...
【社内研修レポート】オンラインでも共通体験!みんなの「居心地の良さ」を育む/事務局スタッフギャザリング
7月18日(日)に事務局スタッフギャザリング(以下、ギャザリング)を実施しました! ※ギャザリングは、上智大学との共同研究から見えてき...
【社内研修レポート】さすおれ・ホメホメで自己有用感アップ!〜ほめる・労う・感謝する〜/事務局スタッフギャザリング
11月14日(日)に事務局スタッフギャザリング(以下、ギャザリング)を実施しました! ※ギャザリングは、上智大学との共同研究から見...
【社内研修レポート】みんなのアイデアで活動を自分ゴトに!〜次年度夢語り(ドリームミーティング)〜/事務局スタッフギャザリング
1月23日(日)に事務局スタッフギャザリング(以下、ギャザリング)を実施しました! ※ギャザリングは、上智大学との共同研究から見え...

シェアする

フォローする